2011年06月02日

パソコンのメモリ増設・・その他色々・・・

今日は、午前中に、いつもお世話になっている法人様からのご依頼でメモリ増設にお伺いしました。ノートPC2台でしたが、片方がXPで512MB搭載、もう一台が1GBのVistaです。

パソコンの動作を快適にするためには、まずメモリの増設が対策の一つとなります。

XPの場合、セキュリティソフトを導入した場合、使い方にもよりますが、512MBでは足りなくなることが多く、vistaでは1GBでも足りないくらいになります。

但し、メモリを安易に増設したからといって、確実に動作が速くなる保障はありません。

遅く重くなる原因は、他にも色々とあります。

110602_110135-u.jpg















今回は、こんな感じで、XPを512MB増設(Total 1GB)(左図)。

Vistaマシンは、スロットが一つしかなかったため、元々差さっていた1GBを取り外し、2GBのメモリに交換させて頂きました(右図)。

XPは起動時間が短縮されましたが、vistaの方は相変わらず起動時は、もっさりとした動きです。

とりあえず、動作パフォーマンスに関しては、しばらく様子見ということになりました。

また、Vistaマシンには、他にもメールの受信が上手くいかないという問題もあったため、こちらも併せて見させて頂きました。

受信データを全て受け取る前に、システムがエラーを吐き出し、受信できなくなるという現象です(メーラーはOutlook2007)。

こちらの原因としては、色々と考えられましたが、結局、受信トレイのフォルダ自身が破損していたため、と判明しました。

このフォルダを修復することで、今回の不具合は解消されるのですが、この修復ツールというのが、実は、Microsoft オフィスの中に予め用意されています。

以前(5月28日)の当ブログの中でもご案内させて頂きましたが、受信が失敗するケースにおいてもこの修復ツールは、有効ですので、メールの受信がうまくいかない時は、試してみる価値はあるかと思います。

110602_114323-u.jpg















さて、午後から、今度は、ウィルス感染パソコンのご依頼です。

こちらのお客様も以前、当店をご利用された方でした。

起動後、勝手にウィルススキャンが始まり、どうやらセキュリティソフトの購入を促す画面に誘導されるとのこと。

110602_160403-u.jpg













これは、明らかに偽りのセキュリティソフトです(Malware Protection)。ウィルスというよりは、スパイウェアといったマルウェアになりますね。

こうなると、殆ど、どのプログラムも実行できなくなり、パソコンとしての機能が失われます。


セーフモードで起動してウィルスを取り切ろうと思ったのですが、何故か起動できません。

そのため、中からハードディスクを取り出し、当店のメンテナンス用ボードに取りつけ、この手の除去に強い対策ツールにて、完全スキャンをかけました。

結果、全てのセキュリティ脅威を取り除くことができました。

110602_202950-u.jpg














で、このハードディスクを元に戻し、起動したことろ、通常通り立ち上がり除去成功!

最近は、ウィルス対策ソフトが入っているからと言って安心してはいけません。

対策ソフトも万全ではありません。

万が一、流出系のウィルスなんかに感染してしまって流出させた場合、ファイルを回収するのは、ほぼ不可能です。

ちょっとでもおかしいな!と思ったら、遠慮なくこちらまでご連絡下さい。

パソコンのウィルス・スパイウェア対策こちらから【仙台の福室PCサポート】


posted by uri at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。