2011年06月20日

埃によるマザーボードの故障

昨日は、ネットワーク障害(インターネットにつながらない)2件、預かり修理品の継続修理1件、それと起動不能パソコンの持込み1件の計4件といった作業内容でした。

その中でも起動不能パソコンですが、お客様の話によると、電源を入れたら「パチッ」と音がして、そのあと起動しなくなってしまったとのこと。

電源を押すと一瞬電源は入るのですが、すぐ落ちます。おそるおそる中を開けてみると・・・

110619_0u.jpg













マザーボードがこのような状態になってました。
110619_1u.jpg













チップの足が焼けてます。周りには埃が溜まっており、おそらく電気的ショートによってチップが破損したものと思われます。他の場所もこんな感じで焼けただれた状態です。

110619_2u.jpg













埃は、湿気なんかによって水分を含むと電気を通すようになります。電源を入れた際に、たまたまその埃がチップの足に接触してショートしたものと思われます。

こういった精密な電子部品に限らず、家庭用コンセントなんかも半差し状態になり、そこに埃がたまって火災に至るケースもあります。

定期的に、ご家庭のコンセントのチェックをしたほうがいいかもいれませんね!

特にこれからは湿気をおびる夏がやってきます。くれぐれもご注意を!

あ、肝心のこちらのお客様は、とりあえず新品のパソコンを購入されるとのことで、当店では、そのデータの移植作業を後日行うことになりました。

こちらの機種の場合、チップの損傷では修理が不可能となります。ハードディスクはちゃんと生きてましたのでデータの抽出は可能です。後日またお越し下さい。

当店は、診断見積は無料で行っております。お気軽にお越しください。

不調パソコンの診断見積は無料!【仙台のパソコン修理専門店 福室PCサポート】


ラベル: 故障 電気
posted by uri at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。