2011年07月16日

HDDの物理的破壊は仙台のパソコン修理専門店へ

昨日は、ハードディスク(HDD)の物理的破壊のご依頼です。外部には絶対もらしたくない顧客データなど多数の重要な個人情報が入ったHDDのようでした。

このような場合、一番確実な方法は、ソフト的な抹消方法よりも磁気ディスク本体(プラッタ)を物理的に破壊する方が安全です。

今回は↓のようなドリルを使って破壊させました。

CIMG0253.jpg













データは、磁気の力でプラッタ上に保存されています。磁気というとN極とかS極とか思い浮かべる方もいるかと思いますが、まさしくその通りです。N、S極の組み合わせでデータは保存されています。

プラッタを破壊させることで、そこに記録されている磁気の配列パターンを消滅させることができます。磁気そのものが無くなってしまうので復元方法はありません。

作業後、このような状態になります。

hdd-1u.jpg













今回は2台のご依頼でした。本当はここまでやらなくても十分なんですが^^;
数か所穴を開けるだけでOKです。

当店は、1件あたり1,500円で行っています(抹消証明書は別途500円)。

もし、大事なデータを完全に消したい場合は、当店までご連絡下さい。

ハードディスク(HDD)の物理的破壊はこちらから【仙台のパソコン修理専門店】
posted by uri at 10:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ブルースクリーン・・・

昨日は、朝一で、ブルースクリーンで起動しないというパソコンの持込み修理依頼がありました。こちらです↓

CIMG0217.jpg













パソコンは、電源ボタンを押したあと、通常はメーカーロゴがでて、その後windowsロゴが走ります。

その直後に、このような画面になった場合、大抵はレジストリの修正で直ります。
直らない場合は、重度のシステムファイルの損傷かもしくはハードウェアがらみの故障となります。今回はレジストリの修正で直りました。

どうやらお客様にもこのようになった原因に心当たりがあるそうで、お話を伺ってみると、シャットダウン時、中々終了しなかったため、電源ボタン長押しで強制終了させてしまったとのこと。

Windowsはシャットダウン時、それまで作業中に発生したシステムの重要な変更点を保存して終了します。その保存には多少時間がかかるものもあります。

その保存中に電源を強制的にOFFにすることでファイルに不整合が発生してしまいます。

そのため、次回立ち上げようとすると、不整合のファイルを読み込み、システムがうまく起動できなくなるといった現象が発生し、結果「ブルースクリーン」にて動作が停止してしまいます。

シャットダウン時はくれぐれもご注意ください。中々終わらない時は、HDDのLEDランプを確認してみてください。不定期に点滅している時は、データの保存を意味します。

10分くらい待ってみて、もしHDDのLEDが消灯したままだった場合は、やむを得ないので、その時は、強制終了させるしか落とす方法はなくなります(但しこの動作は通常終了ではないので、自己責任にてお願いします)。



さて、午後からは、愛子へ初期設定&データ移行作業です。

移動途中、すごくいい天気で景色がよかったので思わず写真を撮ってしまいました!

CIMG0221.jpg













のどかな場所ですわーい(嬉しい顔)

いいですね〜〜〜こういう場所。ほっとします。

昨日の出張とは天と地の差!! 天国と地獄^^;

ということで無事、現場に到着。

で、古いPCがこちら↓
CIMG0225.jpg













新しいほうは、新品のDELL製PC。まだ段ボールから出してもいない状態で保管されていました。箱から出して組み立てます。

CIMG0224.jpg













初期設定&セキュリティ設定&windowsアップデート&データ移行・・・

無事作業終了です。

最近、愛子方面の出張もかなり多くなってきました。まあこの辺は学生時代に5年間通った場所なので地理的に詳しいのでOKですが^^

次回は、ノートPCのメモリ増設&HDDの交換修理を承りました。今度は当店に来られるとのことです。小さな事務所ではありますが今週末お待ちしております。
posted by uri at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

昨日のパソコン修理

出張修理をやっているといろんな場所へ行きます。

でも昨日は、いつもとは事情が違いました。少し緊張しました・・・
というのも・・・

かなりの特殊機関からのご依頼でしたので。

まず、お世話になることがないような場所です^^;

とりあえず、作業は40分程度ですんだのですが、いつもとは全く違った
感覚を体験できました。

また何かありましたら今後とも・・・・と、いつもだったら言いたいところですが、
なるべくなら、あまり行きたくないような・・・・

さてと、今日も暑くなりそうです。

今日は、愛子へ出張です。

新しいパソコンを購入されたとのことで、初期セットアップ並びにデータ移行・・その他色々です。

午前中も開店前から1件の持込み、電話のご依頼1件と忙しくなりそうです。

熱中症対策をしながら今日も頑張りましょう!
posted by uri at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

パソコンが途中で落ちてしまいます・・・

とうとう東北地方も梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。自宅寝室のエアコンが壊れてしまい、毎日寝る時は扇風機がフル稼働状態です。

さて、昨日は、起動途中で落ちてしまうといった2002年製のデスクトップ型パソコンの持込み修理です。

起動してみると、しばらくすると何の前触れもなく電源が落ちてしまいます。ブルースクリーンにもならず、突然電源が落ちることから、これは明らかに電源遮断による強制終了です。まず熱暴走だと思われます。

電源ユニットを確認すると・・・ファンが回っていませんね^^;

電源ユニットを取り外そうと思ったのですが、このようなスリムタイプのパソコンは、内部にビッシリと部品が詰まっているため、他の部品が邪魔をして簡単には取り外せません。仕方なくこんな感じで全分解して取り出します。

CIMG0200.jpg













電源内部のコンデンサも膨らんでいたことからこちらは電源丸ごと交換になりますね!
左側が古いものです。右が今回取りつける新しい電源です。

CIMG0202.jpg













それから、念のためハードディスク(HDD)の状態を診断したところ、広範囲に渡ってセクタ損傷個所を発見。こちらもお客様の同意を得た上で、交換となりました。

CIMG0201.jpg













さて、この二つを取り換え、全て元に戻し、電源ON!
あれ??

CIMG0203.jpg













何だこれ状態でした^^;
電源を入れると、おかしな文字やら所々、白く画面が反転しており明らかな不具合が発生!

前にも一度、このような現象に出会ったことがあります。あの時は、メモリの損傷でした。

今回もメモリが悪さをしているのでは?と思い、一度メモリを外し、一枚差しで起動。
結果、NG

当店にある正常なメモリを差して確認してもNG

メモリが原因ではなさそうでした。が・・・


差し込みスロットが2つありましたので、試しに↓のように外側のスロットにメモリを差し込んでみました。

CIMG0215.jpg













起動OK!!

更に、内側のスロットにもう一枚正常なメモリを差すとNG。
どうやら、メモリ自身の損傷ではなく、内側のメモリスロット部に何らかの損傷があると思われます。

今回は、こちらのスロットを使わないよう、お客様に申し伝えました。

今まで512MBを2枚差しで、TOTAL1GBでご使用されていましたが、512MBになってしまい、パフォーマンスが少し低下してしまいます。

もし、今まで通り1GBでのご使用を希望であれば、1GBタイプのメモリもありますので、使っていてストレスを感じるようであれば再度ご連絡下さい。

今回は、電源が格安で手に入ったこともあり、TOTALの修理料金が17,000円でできました!

電源交換、HDD交換、データの完全移植で17,000円は破格の料金だと思います。
ちなみに通常だと約20,000〜25,000円位です。
posted by uri at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

キーボード交換は仙台のパソコン修理専門店へ

さて、昨日はDELL製のノートパソコンのキーボードが反応しなくなってしまったとのご依頼です。
どうやら水をこぼしてしまったらしく、そのまま電源を入れてしまったら、「Enter」キー周辺のキーが反応しなくなってしまいました。

キーボードの不具合は電気的に動作しなくなるものと、埃によって接触不良を起こすケースに分かれますが、今回のケースは水をこぼした直後から動作不具合を起こしていることから電気的にショートした可能性が高く、この場合、キーボードの丸ごと交換となります。

事前にご連絡を頂いておりましたので、予めキーボードは取り寄せておきました。

で、昨日、その場での対面修理となりました(最近対面修理が多くなってます^^;)

CIMG0181-0u.jpg













キーボードの交換は、メーカー・機種によって簡単なものもあれば、結構分解が必要なものまで様々ですが、今回は、スイッチ部分のカバーを外し、あとはキーボードを固定しているビスを外すだけで簡単に交換ができました。

水をこぼしてしまった場合、まずは自然乾燥させましょう。慌てて電源を入れると水は電気を通しますので回路がショートしてしまい、最悪マザーボードまで損傷しかねません。

電源が入った状態でこぼしてしまった場合は、そのまま即電源を落としましょう。通電状態だと必ずどこかでショートします。

今回は、キーボード交換(新品) 10,500円でした。

キーボードの交換修理は仙台のパソコン修理専門店へ【福室PCサポート】

P.S) 今回のお客様、とても珍しい名字だったのですが、実は私、この名字の方を一人知っていまして^^;
過去、勤めていた会社で同じチームだった方です(女性の方でした)。。

おそるおそる聞いてみると、やっぱり!
今日のご依頼人、その女性の息子さんでしたわーい(嬉しい顔)

どこにでもある名字だったらわからないままだったと思います。
その方から即日、「お久ぶりです。ありがとうございます」のメールがあり、とても懐かしさを感じました。

また何かありましたらお気軽にご連絡下さいわーい(嬉しい顔)
posted by uri at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。