2011年07月10日

画面(モニタ・ディスプレイ)が映らない!

ここ数日、少し体調が悪く仕事をセーブしておりました。左わき腹の奥〜背中に掛けて刺すような激痛が走ります。
特に寝ている時に、上半身を右に向けると、堪えがたい激痛が走ります・・・

以前から少し症状はあったのですが、ここのところ多くなってきました。何なんでしょう。病院に行って検査したほうがいいのですが、たぶん内視鏡になると思うので躊躇してます^^;

以前(20年位前)胃カメラで酷い思いをして依頼、自分の中では最高の脅威です。あの時は、もう死んでもやらない!!と心に誓いました!!

どなたか、良いお医者さんがいたら(胃カメラが上手い)、ご紹介下さい。


さて、ということで少しブログも休んでましたが無理しない範囲で今日からまた少しづつアップしていこうと思います。


昨日は、デスクトップ型でモニタ・ディスプレイが映らなくなった、といった案件です。

ご近所でしたので、自転車でお伺いしました。

しかし今日は、仙台も暑い!!梅雨あけてませんが、夏のジリジリとした日差しです。じっとしているだけで汗だくになりますね。

現場に到着し、早速電源をON!
ファンは回りますね。その後・・・だんまりです。単にファンが回るだけでした。

モニタには、BIOS画面も現れず、モニタ側のLEDがオレンジ色のまま。信号がディスプレイ側にいってませんね。

パソコンの筺体内部を開けてみました。

CIMG0165-0u.jpg













まず、一番最初に目についたのが、HDDのシリアルケーブルです。これが完全にHDDから抜けてました^^;
画像でいうと、右端にある赤いケーブルです。

これは、SATA接続型HDDのデータのやり取りをするための肝心なインターフェースです。まずは、これを差し、再度電源ON!

でもやはり同じです。ファンが回るだけです。では、CMOSクリアを行い、BIOSを初期化してみましょう。内蔵電池を外し、しばらく数分間放置します。再度電池を取りつけ電源ON・・・・
・・・・・だめですね。

こうなると、グラフィックボードかメモリか、マザーボードかCPUかということになるのですが、意外とメモリが悪さをしてこのようなことになることもよくあります。

メモリは、画像左側にある緑色をした基板がそうです。
2枚差さっていましたので、全て取り外し、一枚差しで再度、ON・・・・・・

・・・・・見事BIOS画面がでてきましたよ^^

その後、メモリを通常通り2枚差しで、電源ON。正常に起動するようになりました。

通常、メモリに何らかの不具合があると、内蔵ブザーがエラー音を発するのですが、今回は、うんともすんとも言いませんでした。

ま、とにかくこれで元通りに起動するようになりました。

こちらは、メーカー製のパソコンではなくショップオリジナルのいわゆる自作系PCでした。こちらの方がメンテナンスはしやすいですね。

今回のお客様は、今年1月に名古屋から転勤で仙台に来られたそうです。引っ越した途端、あの、震災に遭われました。津波も近くまで来たそうです。何事もなくてよかったですね。

こちらに来た当時、仙台は何て寒いんだだろう!っておっしゃってました。
今日のこの暑さは特に感じないとのことでしたので、流石!
でも仙台は、かなり過ごしやすいと思いますよ。

しばらく仙台勤務になるんでしょうね。頑張って下さい。パソコン関連でまた何かありましたら、ご連絡下さい!


posted by uri at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。