2011年09月25日

ノートパソコンの分解・BIOSの初期化など

パソコンが起動しないとの件で修理依頼に来られた女性の方です。

電源は入るのですが、BIOS画面が出ません(>_<) 
※BIOS画面とは、電源ボタンを入れて一番最初に画面に出てくるメーカーロゴです(BIOSは、windowsが起動する前に動作する小さな起動プログラムのことです)。

まずは、BIOSの初期化を行ってみましょう!

BIOSの初期化には色々方法がありますが、内蔵されているリチウム電池を取り外すのが確実です。

しかしながら、デスクトップなら簡単に電池の取り外しができるのですが、ノートの場合は、そう簡単にはいきません。

今回は、その手順を少しだけ紹介してみます。

内蔵リチウム電池は、当然マザーボード上に実装されていますので、分解が必要になります。

当店では、↓のようにネジを外す際、鉛筆で番号をふっていき、その番号のネジを磁石(こっちも番号がふってあります)にくっつけていきます。

これで、どのネジがどの場所にはまるのか再組み立ての時、分かりやすくなります^^

CIMG0819-1.jpg













CIMG0821-2.jpg













CIMG0823-3.jpg













裏側のネジを全て取り外したところで、今度は、オープナーというプラスチックでできた蓋をこじ開けるための工具を使い、上蓋を慎重に外していきます。

CIMG0824-4.jpg













CIMG0826-5.jpg














マイナスドライバーでもいいのですが、こちらの方がプラスチックでできている分、本体に傷をつけることなく、開けられますよ。(あ!書き忘れましたが、キーボードは最初の段階で取り外しておきます)

CIMG0830-6.jpg













さて、これでマザーボードが見えてきました。

リチウム電池は、専用のホルダーにはまっているだけのタイプと、ボードに半田付けされているものがありますが、今回は、後者のほうでした^^;

これは半田ごてで外しましょう

CIMG0831-7.jpg













CIMG0833-8.jpg













CIMG0834-9.jpg













間にオープナーを入れてショートしないよう、しばらくこのまま放置します。

その間に、せっかくなので、CPU冷却ファンの中もお掃除・・・・・

・・・・もっさり出てきましたよ( ´Д` )
これは、熱暴走を起こしかねません。全て取りはらいましょう!

CIMG0835-10.jpg













さて、やることはやりましたので、再度、電池を半田付けし直して、再組み立てします。

で、バッテリーをはめて、ACアダプターを接続し、電源ON!

来ました!BIOS画面。「Dynabook」の文字が^^

とりあえず、正常に起動し、一旦シャットダウンし、念のため再度電源ON!

「・・・・・・・あれ?」

無反応です(>_<)

結局、色々部品の検査を行いましたが、メモリ、HDD、ACアダプタ、バッテリーともに問題なく、マザーボードの不具合ということで、残念ながら修理を断念せざるを得ませんでした。

お客様からは、中のデータの取り出しだけでも行ってほしいとのことでしたので、データ救出作業となりました。

今回は残念な結果となりましたが、大切なデータだけは取り出せたのでまずはお客様もほっとしたご様子でした。

こちらのお客様は、すぐご近所の方です。何かありましたらまたご連絡下さい。

ノートパソコンの分解・BIOSの初期化はこちらから【仙台の福室PCサポート】


posted by uri at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。