2011年06月30日

南三陸町から・・・HDD復旧

一昨日、南三陸町の方から津波被害パソコンのデータ復旧のご依頼がありました。

CIMG0019-0u.jpg









あれから100日を超えたことで、各所腐食が進行し、特にハードディスクの取り出しにも一苦労します。

幸い、こちらのお客様はご自身にてHDDを取り外されておりましたので非常に助かりました。但し、ここからが問題です。

まず、HDDの基板洗浄をするため、基板そのものを外す必要があります。当然、ネジ止めされているわけですが、これが全然外れません!というかまともにドライバを使ってもネジ山自体が腐食しているため、ドライバの刃が全く効かない状態です。

この場合、当店ではこのような専用機器を使って、ネジ穴を再生させます(これはネジ穴を再生させるための専用機械ではありません。卓上ドリルです)。

CIMG0036-1u.jpg













ドリルの刃自体がネジ穴を作り出す専用の刃になります。

CIMG0038-2u.jpg













このようにネジの中心部に刃を充て、少しずつ押しこんでネジ穴を作っていくわけですが、これが一番緊張します。

少しでもネジの中心から外れると、基板の回路をだめにしますし、あるいは最悪、HDDのパッケージ自体を貫通させ、中の磁気ディスク(プラッタ)を粉々に粉砕してしまいます。

或いは、発生する摩擦熱によって、周りの回路をだめにする可能性もあるため、迅速に行う必要があります。

特にノート型の2.5インチタイプHDDはサイズが小さいので非常に神経を使います。

このあとは、超音波洗浄機などを使い、洗浄処理、乾燥、通電、論理構造の再構築など、
一連の作業になるわけですが、今回は、残念ながら復元に至ることができませんでした。

やはり時間が経つにつれ、復元率は著しく低下しています。

4月から始めたこの津波震災の無償データ復旧サービスですが、お客様のご期待に応えられなくなってきたことと、当店の技術的な問題により、7月11日(月)を以ってサービスの停止を考えております。もし、復旧ご希望の方は、お早目にご連絡下さい。


ラベル:南三陸町 HDD復旧
posted by uri at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。