2011年07月13日

パソコンが途中で落ちてしまいます・・・

とうとう東北地方も梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。自宅寝室のエアコンが壊れてしまい、毎日寝る時は扇風機がフル稼働状態です。

さて、昨日は、起動途中で落ちてしまうといった2002年製のデスクトップ型パソコンの持込み修理です。

起動してみると、しばらくすると何の前触れもなく電源が落ちてしまいます。ブルースクリーンにもならず、突然電源が落ちることから、これは明らかに電源遮断による強制終了です。まず熱暴走だと思われます。

電源ユニットを確認すると・・・ファンが回っていませんね^^;

電源ユニットを取り外そうと思ったのですが、このようなスリムタイプのパソコンは、内部にビッシリと部品が詰まっているため、他の部品が邪魔をして簡単には取り外せません。仕方なくこんな感じで全分解して取り出します。

CIMG0200.jpg













電源内部のコンデンサも膨らんでいたことからこちらは電源丸ごと交換になりますね!
左側が古いものです。右が今回取りつける新しい電源です。

CIMG0202.jpg













それから、念のためハードディスク(HDD)の状態を診断したところ、広範囲に渡ってセクタ損傷個所を発見。こちらもお客様の同意を得た上で、交換となりました。

CIMG0201.jpg













さて、この二つを取り換え、全て元に戻し、電源ON!
あれ??

CIMG0203.jpg













何だこれ状態でした^^;
電源を入れると、おかしな文字やら所々、白く画面が反転しており明らかな不具合が発生!

前にも一度、このような現象に出会ったことがあります。あの時は、メモリの損傷でした。

今回もメモリが悪さをしているのでは?と思い、一度メモリを外し、一枚差しで起動。
結果、NG

当店にある正常なメモリを差して確認してもNG

メモリが原因ではなさそうでした。が・・・


差し込みスロットが2つありましたので、試しに↓のように外側のスロットにメモリを差し込んでみました。

CIMG0215.jpg













起動OK!!

更に、内側のスロットにもう一枚正常なメモリを差すとNG。
どうやら、メモリ自身の損傷ではなく、内側のメモリスロット部に何らかの損傷があると思われます。

今回は、こちらのスロットを使わないよう、お客様に申し伝えました。

今まで512MBを2枚差しで、TOTAL1GBでご使用されていましたが、512MBになってしまい、パフォーマンスが少し低下してしまいます。

もし、今まで通り1GBでのご使用を希望であれば、1GBタイプのメモリもありますので、使っていてストレスを感じるようであれば再度ご連絡下さい。

今回は、電源が格安で手に入ったこともあり、TOTALの修理料金が17,000円でできました!

電源交換、HDD交換、データの完全移植で17,000円は破格の料金だと思います。
ちなみに通常だと約20,000〜25,000円位です。


posted by uri at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。