2011年09月24日

NTLDR is missing

昨日、お持込み頂いたお客様。RAID構成のパソコンでしたが、起動してみると・・・

pict1.jpg













「NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart」
NTLDRが無いかもしくは壊れている状態を示すメッセージです。

これはWindowsXPが起動する際に、起動データとして使用される重要なパラメータです。

とりあえず、正常に動いているwindowsXPマシンから以下の4つのファイルを取り出し、フロッピーディスクに保存します(Cドライブ直下にありますが、通常は見えない設定になっているので、フォルダオプションにて「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックマークを外して行います)。
※起動パラメータの修復になりますので、もし試される方は自己責任にてお願い致します。

pict2.jpg













pict3.jpg













あとは、対象のマシンにフロッピーディスクを挿入し、フロッピーブートで起動します。
そうすると・・・

フロッピーから先ほどのブートデータを読み込み、何とかwindowsが起動するようになります。

その後、フロッピーの中のブート用データ(4つ)をCドライブ直下にそのままコピーします。
これで、次回以降、通常通りCドライブの中から、今、保存し直したブートデータを使って正常起動できるようになります。

さて、では、一旦シャットダウンし、再起動しましょう。
・・・・
あれ?!

pict4.jpg













今度は、「NLDR is compressed Press Ctrl+Alt+Del to restart」というメッセージが。。

これは、おそらくCドライブの容量が少なくなったために、お客様ご自身にて、Cドライブを圧縮モードで使っているものと思われます。

NTLDRが圧縮されているとブートデータとして認識してくれません!
なので、このデータのみ圧縮を解除します。

とりあえず、再度、先ほどと同じようにフロッピーから強制起動させます。

起動したら、↓のようにCドライブ直下の「ntldr」を選択し、右クリックでプロパティを開きます(青文字で表示されているのが圧縮ファイルです)。

pict5.jpg













pict6.jpg

















その後、「詳細設定」をクリックし、「属性の詳細」ダイアログを出します。

pict7.jpg













ここで、「内容を圧縮してディスク領域を節約する」のチェックを外し、「OK」

すると、先ほど青文字だったファイル名が黒くなります。圧縮が解除されたという証拠です。

pict8.jpg













これで、再起動掛けてみましょう!

今度は、無事起動するようになりましたo(*>▽<*)o

この現象は、以前、自分のパソコンでも発生したことがあります。原因は不明ですが、突発的に起こるケースとHDDの損傷が原因で起こる可能性もあります。

最近は、フロッピーを内蔵していないPCも多いですが、その際は、CDブートでも可能です。

とにかく、HDD損傷でこのような現象になった場合、内部データの取り出しが困難になることもありますので、重要なデータはバックアップを取る癖をつけておいたほうがいいですね!

あ、それと、最後の作業として、さきほど、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックマークを外しましたが、再度チェックを入れることも忘れずに!

起動しなくなったパソコンの修理はこちらから【仙台の福室PCサポート】


posted by uri at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。