2011年10月12日

続きます・・マザーボードの損傷

立て続けにマザーボードの損傷です。

1件目:かなり古めのノートPCです。電源投入後、パイロットランプが点き、CPUファンは回るのですが、BIOSが起動しません。

ACアダプターは純正のもので正常な電圧を出力しています。

メモリの交換や

CIMG1002-2.jpg













CMOSクリア

CIMG1003-1.jpg













を行いますが、残念ながら現象変わらず・・・

中のデータを早急に取り出して欲しいとのことでしたので、データ救出を行いました。

CIMG1010-3.jpg













HDDが正常に動けば、データは簡単に取り出せます。

この場合、高度なデータ復元作業は、必要としませんので、データの復旧といえども、割安でできます。料金は数千円程度です。


さて、2件目。

電源を入れるとこんな感じに・・・・

CIMG1016-4.jpg













画面が大きく乱れて何にも見えませんね・・・

意外と、メモリの接触不良やメモリの故障によってこのようになることがあります。

ただ、今回は、残念ながらオンボードのグラフィック回路の故障と判明。残念ながら修理不可となりました。


3件目は、電源コネクタ部分に過度な力が加わってしまったようです。

マザーボード直付けの電源コネクタ部分の基板が完全に割れてしまってます。

CIMG0953-5.jpg













基板は多層構造になっており、中に配線が走っている場合があります。なので、単純に見えてる部分だけを半田付けして直るかどうかは、疑問な所です。

ただ、この部分は大丈夫そうですね。ちょっと調べてみてから慎重に作業をしていきましょう。

さて、本日は、出張2件と、あとは、お客様から依頼されている自作PCの制作に取り掛かりますよ。



posted by uri at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。