2011年10月25日

パソコンから音が出なくなった

昨日は、音が出ない症状のPC修理です。

サウンド系の不具合もよくある修理内容の一つですね。

この場合、外部スピーカーの故障、サウンド・ドライバの損傷、設定状況が悪いのか、または物理的なサウンドチップの故障、バックパネルのコネクタ損傷、OS自体(windows)の損傷と、色々原因が考えられます。あと、BIOSの設定もね。


考えられる全ての対策を行いましたが、音がでませんでした。

この場合、別途、PCI接続用のサウンドボードを増設して別経路で音を出すようにします。

CIMG1116.jpg













この対策で、うまく音がでるようになりましたわーい(嬉しい顔)

これで閉じようと思ったのですが、よく見ると搭載メモリが512MB。

XPの場合、512MBあれば何とかそれなりに動くのですが、使用するアプリやその他の環境(常駐ソフトの数)、ウィルス対策ソフトなどを考えると512MBだと少し少ないかな。

お客様へご連絡し、増設をお勧めしたところ、「やってくれ」とのGOサインを頂きました。

早速、1GBのメモリを増設!
デュアルチャンネルは、実使用上あまり大差ないと判断し、敢えて1GB増設わーい(嬉しい顔)
(写真奥の緑色の基板です。手前のが512MB)

CIMG1120.jpg













うん!快適です!

キビキビと動くようになりましたよ。

さて、ネットの確認でもしましょう!と、LANケーブルを差し込もうと思ったのですが、コネクタが中々刺さりません。少し、強めの力でLANケーブルを押しこんだ瞬間、指に変な感触が・・・

基板直付けのコネクタ部分が「ふにゃっ」と。。。。その瞬間、


「ピーーーーーーーー」


本体内部から甲高いビープ音と共に、画面がフリーズ!

マウス、キーボードも無反応(汗)

へ?!

何で?

今まで快適に動いていたのに・・・・

さっきのコネクタ挿入で基板壊した???

続きは、明日で・・・・(汗汗汗)



posted by uri at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。