2014年06月28日

オーダーメイドパソコン

先日、ご来店頂いたお客様。
以前も何度か当店をご利用されております。

Vistaマシンを使っていて、起動が遅くなり何をするにもモッサリ感がありストレスがたまるとのことでした。

こちらのお客様は主に動画・映像処理を行います。
今回は、思い切ってVistaの修理ではなく、新規マシンをご提案させて頂きました。
提案といってもメーカー製の既製品ではなく、当店のオリジナル・オーダーメイドPCです。

かなりお急ぎのご様子で、「スペックはお任せします」とのことでしたので、早速、お客様の使用用途に見合うような構成を検討し、作成することになりました。

主に動画編集は、CPU、グラフィックボード、メモリ、HDD(SSD)などが重視されます。
いわゆるパソコンの主要部品ですね。

今回は、
OS:windows7 HomePremium(64bit)
CPU:Intel Core i7-4770 (3.4GHz)
SSD:Samsung SSD 840 EVO 250GB
HDD:Hitachi製1TB(SATAV 6Gbps)
メモリ:8GB(DDR3-1600)
グラフィックボード:nVIDIA GeForce GTX660(2GB)

このような部品で組みました。
pict20140628-1.jpg














パソコン部品














以前のVistaマシンでは、
CPU:Intel Core 2 Quad Q8200( 2.33GHz)
HDD:SeaGate製 500GB(SATAU)
メモリ:4GB(32ビット機なのでフルには使用できない状態)
グラフィックボード:nVIDIA GeForce 9800 GT (512 MB)

というようなスペックでしたので、大幅に性能強化されることと思います。
システムドライブにSSDを使ったのもかなり期待できます。

出来上がったマシンはこちら。
パソコン部品















パソコン部品















実際どの位パフォーマンスアップしたかというと、、、

CrystalMark2004R3を使用して計測してみました。
但し、プログラムは32ビットで実行されるので64ビット機では正確に数値比較できません。また最大4スレッドのベンチマークのため、HT8スレッドのCore i7も参考程度に。。。

【旧PC(Vista)】
パソコン部品
















【新PC(windows7)】
パソコン部品
















簡単に説明しますと、
【ALU】、【FPU】はCPUに関する性能値
【MEM】はメモリ
【HDD】は、ハードディスクですが、新PCではSSDを計測してます。
【GDI】、【D2D】、【OGL】は、グラフィック性能
【Mark】は、全ての項目の合計値となります。

やはりどの項目においても性能アップしているのが分かります。

PCの起動もwindowsのデスクトップ画面が現れるまで10秒程度です。

PCは部品のバランスが大事です。どれか一つだけ高速化しても、他の部品の性能が低ければ全体的なパフォーマンスは落ちます。

今回は予算の都合もありましたので、その予算内で省くところは省き、その分主要部品に少し高価なものをセレクトしました。

さて、これで動画処理(エンコード)がどの程度改善されるか・・・楽しみですね。

当店では修理依頼の他にも、お客様からのご要望をお聞きした上で、オリジナルのオーダーメイドPCを作成します。もし、ご興味のある方はこちらまでご連絡下さい。

オーダーメイドパソコンはこちらから【パソコン修理 仙台】

posted by uri at 11:48| Comment(0) | パソコン修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

kingsoftとwindowsアップデート

久々の更新です^^;

なかなか書く暇がなく相変わらず忙しい毎日を過ごしております。

ところで、昨日は早朝から〜夕方まで。また本日もまったく同じ症状でのお問い合わせが数件ありました。

内容は、「12日夕方にwindowsアップデートをかけた直後から下のような画面が現れて、全く起動しなくなった」とのこと。

IMG20130614-1.jpg













おかしくなった人の共通点は、みんな12日にwindowsアップデートを行い、Kingsoft製のウィルス対策ソフトを使用しておりました。

調べてみると、どうやらKingsoftのウィルス対策ソフトとwindowsアップデートのパッチが干渉していたために発生した現象のようです。

修正は、まず、セーフモードで立ち上げます。

IMG20130614-2.jpg













その後、windowsのパッチ【Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)】を一旦削除

IMG20130614-3.jpg













その後、正常に起動するようになりますので、Kingsoftの新しい更新プログラムをインストールします。
IMG20130614-4.jpg













更新後、再起動。
IMG20130614-5.jpg













そして、再度、windowsのパッチ【Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)】を再インストール。
IMG20130614-6.jpg













これで、正常にもどります。

だがしかし。。。まだまだ、被害がでそうな予感・・・

posted by uri at 14:47| Comment(0) | パソコン修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

マザーボード交換修理

最近、立て続けにInspiron1526の修理依頼がきました。

症状はみな同じです。通電はするが画面が真っ黒のままです。

この機種の場合、内蔵リチウム電池が消耗してくると発生する不具合のようです。
ただ、今回はいずれも電池消耗ではなくマザーボード自身の故障でした。

取り寄せが可能な限りボード交換で対応できます。
CIMG20130213-0.jpg














CIMG20130213-1.jpg














また、こちらはスリム型のデスクトップPC
CIMG20130213-5.jpg













電源投入後、一瞬ファンは回りますがすぐ電源が落ちてしまいます。
結局、これもボード交換となりました。ボード上で故障しやすい部品はアルミ電解コンデンサです。

これはある程度目視でもわかります。劣化してくると、このように頭頂部が膨らんできます。ひどい時は中から液漏れを起こします。
参考までに↓(今回の修理対象のPCではありません)
CIMG20130213-3.jpg













今回のケースは、コンデンサは至って正常、CMOSクリアするも現象変わらず。リチウム電池交換するもNG。メモリも正常。CPUも正常。電源ユニットも正常。

結果、マザーボード交換となりました。
CIMG20130213-2.jpg













交換後、正常起動を確認。
CIMG20130213-4.jpg













相当内部に埃がたまっておりました。埃が大量に詰まると排熱できずに、内部が高温になります。その結果、熱に弱い部品が劣化してしまいます。

定期的なメンテナンスは必要ですね。

さて、本日は、郵送でデータ復旧のご依頼が一件のみです。やっと少し状況は落ち着いてきました。

ここのところ、マザーボード交換、液晶交換、HDD交換でバタバタしておりましたので少し休息といったところでしょうか^^

マザーボードの交換修理はこちらから【仙台の福室PCサポート】
posted by uri at 10:49| Comment(1) | パソコン修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

パソコンが落ちる・フリーズする

お客様から「最近、よくパソコンが落ちるようになった」とのご連絡。

「パソコンが突然落ちる」「フリーズして動かなくなる」といった現象は多くの人が経験していることだと思います。

この現象の原因は多岐にわたりますが、今回は、メモリの故障でした。

20130118-0.jpg













メモリが故障すると、突然落ちる、フリーズする、ブルースクリーンになる、などのほかに、アプリケーションソフトのインストールがうまくいかなくなったり、リカバリ(初期化)ができなくなったりと、様々な場面で不具合が生じます。

最近少し変だな?と感じたら、メモリテストを実施してみてください。

メモリテストによく使われるソフトは、「Memtest86+」など。

Vista/7などはwindows標準でメモリ診断ツールが用意されていますが、こちらの方がより詳しく、確実に検査ができます。
posted by uri at 08:47| Comment(0) | パソコン修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

ソフトウェアでエラーが発生したため、windowsを起動できませんでした。

「ソフトウェアでエラーが発生したため、windowsを起動できませんでした。
この問題を報告してください:
カーネルに必要なDLLを読み込みます。
サポート担当者に連絡し、この問題を報告してください。」

というようなエラーメッセージが現れて、windowsが起動できません!
CIMG20120915-0.jpg













直接的な原因は、Windowsの起動に関わる重要なファイルが上手く読み込めない場合に起こる現象です(あるいは、既にそのファイルが破損・なくなっているか・・・)。

ということで、まずは、ハードディスクを内部から取り外し、別のPCに接続してみます。

CIMG20120915-2.jpg













・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

認識に非常に時間がかかります。

CIMG20120915-4.jpg







・・・・・長い時間のあと、このように「ローカルディスク(M:)」として中途半端な形で認識します。
中のデータは全く見ることができません。

通常であれば、このように「ローカルディスク(G:)」空き領域/全領域が認識され、グラフィカルに表示されます。

CIMG20120915-5.jpg







SMART値を見てみると・・・

CIMG20120915-6.jpg














破損しかかっているペンディングセクタがありますね。
C5の代替処理保留中のセクタ数が0x2Fです。

ディスク内に仕事で使う大事なデータが入っているとのことですので、まずは、データの復元作業を行いました。

いつものように専用マシンにて、セクタベースでHDD内部を読み込み、もちろん破損セクタはスキップする形で全領域をスキャンします。
丸2日掛りましたが、何とか必要と思われる主要なデータは全て取り出すことができました。


あとは、新品のHDDに取り換え、windowsを再インストールし直します。

その後、復元したデータを書き戻し、作業終了です。

当店では、このようなケースでも2〜3万円程度で収まります(もちろん全部込の料金です)。

同じようなエラーでお困りの方は、こちらまでご連絡下さい。
ソフトウェアでエラーが発生したため、windowsを起動できませんでした。
【仙台の福室PCサポート】
posted by uri at 12:12| Comment(0) | パソコン修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。